肉体改造で“マッチョ”に 今季の池江璃花子はパワーで勝負

公開日: 更新日:

 泳ぐたびに日本記録を更新する女子高生スイマーが、ビルドアップした。

 2日、日本代表選考会を兼ねた日本選手権(3~8日)の公式練習が行われ、リオ五輪代表の池江璃花子(17=淑徳巣鴨高)は100メートル自由形などエントリーした4種目を泳ぎ込んだ。

 冬の間はメキシコや豪州などで合宿。調整は順調のようで「すべてをやり切ることができたので、今回は日本選手権が楽しみで仕方がない」と笑顔を見せた。

 これまで海外のトップスイマーと比べて見劣りしていたパワー不足を解消するため、昨年7月の世界選手権(ブダペスト)後、肉体改造に着手。通常の泳ぎ込みと並行してウエートトレーニングを取り入れ、海外合宿でも欠かさなかった。池江を指導する村上二美也コーチ(57)によれば、「自覚を持って筋トレに励んでおり、すべての数値がアップしている」そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    シューズの神様・三村仁司氏「必要なのは“厚底”ではない」

  5. 5

    “キュン”の達人 星野源×綾野剛ドラマは「恋つづ」超えるか

  6. 6

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    美女ファイターだった好川菜々さんは元王者の夫とジム運営

  9. 9

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  10. 10

    東京五輪冷静に考えるべき 引き返せないだけのお祭り騒ぎ

もっと見る