• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

肉体改造で“マッチョ”に 今季の池江璃花子はパワーで勝負

 泳ぐたびに日本記録を更新する女子高生スイマーが、ビルドアップした。

 2日、日本代表選考会を兼ねた日本選手権(3~8日)の公式練習が行われ、リオ五輪代表の池江璃花子(17=淑徳巣鴨高)は100メートル自由形などエントリーした4種目を泳ぎ込んだ。

 冬の間はメキシコや豪州などで合宿。調整は順調のようで「すべてをやり切ることができたので、今回は日本選手権が楽しみで仕方がない」と笑顔を見せた。

 これまで海外のトップスイマーと比べて見劣りしていたパワー不足を解消するため、昨年7月の世界選手権(ブダペスト)後、肉体改造に着手。通常の泳ぎ込みと並行してウエートトレーニングを取り入れ、海外合宿でも欠かさなかった。池江を指導する村上二美也コーチ(57)によれば、「自覚を持って筋トレに励んでおり、すべての数値がアップしている」そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る