• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

ボストンマラソン優勝の川内優輝「プロ宣言」の衝撃と計算

 マラソンのカギは、仕掛けどころの見極めだ。瀬古利彦は競技場に入ってから観衆の前でそれを見せ、スピードに欠けた中山竹通は前半でいきなり突き放した。設楽悠太の日本記録にしろ、前半を抑える冷静な判断が後半勝負に生きたのだ。

 16日のボストンマラソンで1987年の瀬古以来の優勝を遂げた川内優輝も、仕掛けどころを心得た男だ。

 悪天候によるスローペースは前日から分かっていたこと。30キロ過ぎで、世界陸上の覇者ジョフリー・キルイに2分半も離されたが、相手のダメージを計算するようにセーブして40キロから追い、逆に2分25秒の差をつけて優勝した。

 ボストンマラソンは122回の伝統だけでなく、現在も東京やロンドンなどと世界6大マラソンを構成し、テニスのウィンブルドン的な存在。特に日本にとって、1951年の田中茂樹の優勝以来、世界への登竜門となった大会だけに、この優勝の衝撃は大きい。川内は昨年、2020年の東京オリンピックは狙わずに冬のレースに専念すると“代表引退”を宣言、自ら陸連の強化選手から外れた。ベストは2時間8分14秒で、31歳。陸連は気にしなかったが、ボストンの覇者となれば話は違う。去年の大迫傑の3位でさえ大騒ぎしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る