• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

プロ転向マラソン川内優輝よ、東京五輪は氷雨になるぞ!

 市民ランナー川内優輝がボストンマラソンで優勝してついにプロ宣言した。川内が公務員としてなんぼもらっていたか知らんが、辞めるってことは、定年退職後にもらえる高額の退職金は「要らん」ってこった。クビになる前に自分で辞めて退職金まんまとせしめる財務省のクソにゃ真似のできねえ潔さ。

 見上げたもんだよ屋根屋のフンドシ。瓦めくってひらひらさせりゃ、粋なねえちゃん大喜びってか。くやしいねどうも。

 ボストンマラソン優勝賞金1600万円。テニスで錦織に勝って優勝したナダルのモンテカルロ・マスターズ優勝賞金は1億2000万超えるってのに、マラソンは少なかねえか? 

 な~に、だいじょぶだ。ボストンマラソン優勝ってのは、なんでもテニスのウィンブルドンやゴルフの全米オープンで優勝するくらいの付加価値があるそうだ。ボストン勝者としてレースに招待されただけで札が舞うんだ。だいいち川内は連戦が利く。ボストン直後、とんぼ返りして時差ボケも直らん中、「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」に出た。中5日の連戦だ(翔平だって中6日だぞ!)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る