松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

プロ転向マラソン川内優輝よ、東京五輪は氷雨になるぞ!

公開日:

 市民ランナー川内優輝がボストンマラソンで優勝してついにプロ宣言した。川内が公務員としてなんぼもらっていたか知らんが、辞めるってことは、定年退職後にもらえる高額の退職金は「要らん」ってこった。クビになる前に自分で辞めて退職金まんまとせしめる財務省のクソにゃ真似のできねえ潔さ。

 見上げたもんだよ屋根屋のフンドシ。瓦めくってひらひらさせりゃ、粋なねえちゃん大喜びってか。くやしいねどうも。

 ボストンマラソン優勝賞金1600万円。テニスで錦織に勝って優勝したナダルのモンテカルロ・マスターズ優勝賞金は1億2000万超えるってのに、マラソンは少なかねえか? 

 な~に、だいじょぶだ。ボストンマラソン優勝ってのは、なんでもテニスのウィンブルドンやゴルフの全米オープンで優勝するくらいの付加価値があるそうだ。ボストン勝者としてレースに招待されただけで札が舞うんだ。だいいち川内は連戦が利く。ボストン直後、とんぼ返りして時差ボケも直らん中、「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」に出た。中5日の連戦だ(翔平だって中6日だぞ!)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る