秋のドラフト上位候補“金の卵” 掛け値なしのスカウト評価

公開日: 更新日:

 昨秋の明治神宮大会を制した日体大の松本航(明石商)、東妻勇輔(智弁和歌山)のダブルエース、左腕では富士大の鈴木翔天(向上)も上位候補に挙げられる。

「松本はコントロールが良くて変化球も多彩。投げる以外にも、フィールディングなど、随所にセンスを感じる広島の野村タイプ。東妻はパワーピッチャーで最速153キロ。昨年、NTT東日本から日本ハムに2位指名された西村に似たタイプです。170センチと上背がないため、1位か2位かといったところ。鈴木はMAX149キロで、3年秋にリーグ戦で完全試合を達成。今年は上位候補に左腕が少ない。左投手が欲しいところなら1位の可能性もある好素材です」(前出のパ・関東担当スカウト)

 社会人ではパナソニックの吉川峻平投手(関大)が1位候補の呼び声が高い。トヨタ自動車の左腕・富山凌雅投手(九州国際大付)、三菱重工名古屋の勝野昌慶投手(土岐商)らも上位候補だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る