外野挑戦でブレーク 西武外崎修汰は“決めゼリフ”が愛称に

公開日: 更新日:

「りんごの収穫も秋ですからね。去年もファン感謝デー直前まで忙しかったです(笑い)」(日出城さん)

 当然、西武ファンの間でも「外崎りんご」は大人気。昨年は見事、完売したという。ちなみに外崎のお立ち台での決めゼリフは「アップルパンチ!」。ファンの間では本人の愛称にもなっている。 (随時掲載)

▽とのさき・しゅうた 1992年12月20日、青森県弘前市生まれ。桔梗野小学校4年時に友人の影響もあって桔梗野ボンバーズで野球を始める。中学時代は弘前シニア、弘前白神シニアに所属。弘前実業高では甲子園出場経験なし。富士大から2014年ドラフト3位で入団。

 昨年10月に行われた「アジアプロ野球チャンピオンシップ」で日本代表に選出され、打率.462、1本塁打、4打点の活躍で大会MVPに輝いた。177センチ、78キロ。右投げ右打ち。年俸2700万円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  5. 5

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る