「夏までには理想に」松坂大輔が“育ての親”にすべて語った

公開日:

 4月30日のDeNA戦で06年以来、12年ぶりに日本で勝利を挙げた中日の松坂大輔投手(37)が、横浜高時代に野球部長として「平成の怪物」を育て、本紙で「鬼の秘伝書」を連載中の小倉清一郎氏(73)と対談。日米通算165勝右腕の肩痛との闘い、引退の覚悟、中日入団の経緯、復活までの道のり、プロ20年目の思いなどを恩師に明かした。

■小倉「改めて文句を言わせてもらうと…」

小倉 今の右肩の状態は? ソフトバンク時代より良くなったのか?

松坂 良くなってきていますが、100%の状態かと言われれば、そうではないですね。自分でセーブしようという感覚はないんですけど、まだどこかで無意識に体がセーブしているなというのはありますね。100%の力で腕が振れているかといえば、感覚的にはそれはまだないです。自分がどう投げているかっていうのは、これだけ長くやっていれば分かっていますし、肩の状態と相談しながら、やりたい投球フォームにしたいと思います。若い時と同じ状態にするのは無理だと思いますけど、なるべく近くに戻せるように。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る