「夏までには理想に」松坂大輔が“育ての親”にすべて語った

公開日: 更新日:

 4月30日のDeNA戦で06年以来、12年ぶりに日本で勝利を挙げた中日松坂大輔投手(37)が、横浜高時代に野球部長として「平成の怪物」を育て、本紙で「鬼の秘伝書」を連載中の小倉清一郎氏(73)と対談。日米通算165勝右腕の肩痛との闘い、引退の覚悟、中日入団の経緯、復活までの道のり、プロ20年目の思いなどを恩師に明かした。

■小倉「改めて文句を言わせてもらうと…」

小倉 今の右肩の状態は? ソフトバンク時代より良くなったのか?

松坂 良くなってきていますが、100%の状態かと言われれば、そうではないですね。自分でセーブしようという感覚はないんですけど、まだどこかで無意識に体がセーブしているなというのはありますね。100%の力で腕が振れているかといえば、感覚的にはそれはまだないです。自分がどう投げているかっていうのは、これだけ長くやっていれば分かっていますし、肩の状態と相談しながら、やりたい投球フォームにしたいと思います。若い時と同じ状態にするのは無理だと思いますけど、なるべく近くに戻せるように。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る