「夏までには理想に」松坂大輔が“育ての親”にすべて語った

公開日: 更新日:

 4月30日のDeNA戦で06年以来、12年ぶりに日本で勝利を挙げた中日松坂大輔投手(37)が、横浜高時代に野球部長として「平成の怪物」を育て、本紙で「鬼の秘伝書」を連載中の小倉清一郎氏(73)と対談。日米通算165勝右腕の肩痛との闘い、引退の覚悟、中日入団の経緯、復活までの道のり、プロ20年目の思いなどを恩師に明かした。

■小倉「改めて文句を言わせてもらうと…」

小倉 今の右肩の状態は? ソフトバンク時代より良くなったのか?

松坂 良くなってきていますが、100%の状態かと言われれば、そうではないですね。自分でセーブしようという感覚はないんですけど、まだどこかで無意識に体がセーブしているなというのはありますね。100%の力で腕が振れているかといえば、感覚的にはそれはまだないです。自分がどう投げているかっていうのは、これだけ長くやっていれば分かっていますし、肩の状態と相談しながら、やりたい投球フォームにしたいと思います。若い時と同じ状態にするのは無理だと思いますけど、なるべく近くに戻せるように。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  8. 8

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る