大谷が4勝目 連敗止める粘投でメジャー最長8回途中2失点

公開日:

 二刀流右腕が持ち前の修正能力の高さを発揮した。

 エンゼルス・大谷翔平(23)が20日(日本時間21日)のレイズ戦に登板。7回3分の2を1本塁打含む6安打2失点、9奪三振で、4勝目(1敗)を挙げた。

 大谷は序盤、制球が定まらず、直球、スプリットがホームベース手前でバウンドするなど苦しい投球を強いられた。三回には9番フィールドに力のない直球を左翼スタンドに叩き込まれる。

 この日、球審を務めたジェフ・ネルソンは比較的、低めをストライクと取った。大谷は球審の傾向を読み取ったのだろう。

 四回に、持ち前の適応力を見せる。この回は直球、変化球とも低めに集めてレイズの主力打者に仕事をさせない。先頭の4番ラモスを155キロの直球を引っ掛けさせて三ゴロに打ち取ると、続くミラーをスプリットで空振り三振。最後はダフィーに対し、159キロの直球を外角低めいっぱいに決めてバットに空を切らせると、狙い通りとばかりにグラブをたたいて喜びを爆発させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る