大谷が4勝目 連敗止める粘投でメジャー最長8回途中2失点

公開日: 更新日:

 二刀流右腕が持ち前の修正能力の高さを発揮した。

 エンゼルス・大谷翔平(23)が20日(日本時間21日)のレイズ戦に登板。7回3分の2を1本塁打含む6安打2失点、9奪三振で、4勝目(1敗)を挙げた。

 大谷は序盤、制球が定まらず、直球、スプリットがホームベース手前でバウンドするなど苦しい投球を強いられた。三回には9番フィールドに力のない直球を左翼スタンドに叩き込まれる。

 この日、球審を務めたジェフ・ネルソンは比較的、低めをストライクと取った。大谷は球審の傾向を読み取ったのだろう。

 四回に、持ち前の適応力を見せる。この回は直球、変化球とも低めに集めてレイズの主力打者に仕事をさせない。先頭の4番ラモスを155キロの直球を引っ掛けさせて三ゴロに打ち取ると、続くミラーをスプリットで空振り三振。最後はダフィーに対し、159キロの直球を外角低めいっぱいに決めてバットに空を切らせると、狙い通りとばかりにグラブをたたいて喜びを爆発させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る