大谷が4勝目 連敗止める粘投でメジャー最長8回途中2失点

公開日: 更新日:

 二刀流右腕が持ち前の修正能力の高さを発揮した。

 エンゼルス・大谷翔平(23)が20日(日本時間21日)のレイズ戦に登板。7回3分の2を1本塁打含む6安打2失点、9奪三振で、4勝目(1敗)を挙げた。

 大谷は序盤、制球が定まらず、直球、スプリットがホームベース手前でバウンドするなど苦しい投球を強いられた。三回には9番フィールドに力のない直球を左翼スタンドに叩き込まれる。

 この日、球審を務めたジェフ・ネルソンは比較的、低めをストライクと取った。大谷は球審の傾向を読み取ったのだろう。

 四回に、持ち前の適応力を見せる。この回は直球、変化球とも低めに集めてレイズの主力打者に仕事をさせない。先頭の4番ラモスを155キロの直球を引っ掛けさせて三ゴロに打ち取ると、続くミラーをスプリットで空振り三振。最後はダフィーに対し、159キロの直球を外角低めいっぱいに決めてバットに空を切らせると、狙い通りとばかりにグラブをたたいて喜びを爆発させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る