英代表FWハリー・ケイン 強みはゴールの「形」がないこと

公開日: 更新日:

 イングランド代表に待望久しい実力派ストライカーが現れた。英プレミアリーグのトットナムでプレーするFWケイン(24)だ。

 ここまで積み上げてきた数字が、彼の実力を雄弁に物語っている。

 トットナムのレギュラーに定着した14―15年シーズンに21ゴール。翌シーズンから、25、29と右肩上がり。そして17―18年シーズンは30の大台に乗せた。ここ4シーズンで計105得点! 素晴らしいのひと言である。

 彼のストロングポイントは、ゴールの「形」がないことに尽きる。

 左右両足を同レベルで使いこなせて、右サイドからでも左サイドからでも強烈シュートを放つことができる。188センチの長身を利したヘディングも破壊力十分。持ち前のスピードでDFを置き去りにしたかと思うとパワフルな突破力でDFをなぎ倒し、グイグイ突破していくのも得意中の得意。

 要するに「シュートに持ち込むまでの引き出しが多い」選手ということだ。どの国も、どのクラブも「ウチにケインがいたら……」と思っているだろう。これこそ点取り屋にとって、最大級の褒め言葉なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る