13勝で大関昇進確実に 栃ノ心「覚醒」の秘密を親方衆語る

公開日: 更新日:

 横綱鶴竜の優勝で幕を閉じた5月場所。初場所に続く賜杯こそ逃したものの、栃ノ心(30)の表情は晴れやかだった。

 千秋楽の27日は同じ右四つの勢と対戦。13日目の正代戦で負傷した右手首が気になったのか、やや際どい立ち上がりとなるも、最後は寄り切って2敗をキープした。支度部屋では、「12連勝したし、優勝したかったけど、勝って締められたからよかった」と話し、技能賞・敢闘賞の受賞とともに、場所後の大関昇進を確実なものとした。

 この日、審判部は栃ノ心の大関昇進を審議する臨時理事会の開催を協会に要請。これには本人も「うれしいですね。大関になって変わること? 分かんないなあ。何か変わるんですかね?」と笑顔を見せた。

 今年1月場所で優勝すると、その後はとんとん拍子。かつての「幕内の常連」止まりだった力士は見事に変貌した。師匠である春日野親方(元関脇栃乃和歌)に聞くと、「体つきが大きくなったという声もあるけど……」とこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  9. 9

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る