世界1位撃破の勢い続くか 張本を待つ中国勢の“リベンジ魂”

公開日:

「自分が活躍して金メダルを取りたい」と言ったのは卓球の張本智和(14)だ。

 卓球男子の日本代表は24日、世界選手権団体戦(29日開幕=スウェーデン・ハルムスタード)に向けて出発。昨年の同個人戦で史上最年少の8強入りを果たした張本が大会前の決意を語った。

 2月のW杯団体戦は男女とも中国に敗れて準優勝。いつもの攻撃的なプレーを封じられた張本は通算3勝4敗に終わった。それでも4月初旬のアジア杯(横浜)1次リーグでは、世界ランク1位の樊振東(中国)を3―1で破り「本当に信じられない。バックでいいボールが出た。東京五輪の前に1回は越えたい壁だった」と語っていた。

 世界選手権で樊振東との再戦があるかはわからないが、張本の真価が問われるのは次戦だ。

 世界最強の中国は、日本選手に敗れると次の対戦では必ずリベンジする。昨年も、4月のアジア選手権(中国・無錫)女子単準々決勝から、リオ五輪金で世界ランク1位の丁寧、同2位の朱雨玲、同5位の陳夢が、ホームで次々に当時17歳の平野美宇(同11位)に敗れた。すると中国は、2カ月後の世界選手権(ドイツ)まで平野にプレースタイルが似た選手を選んで猛練習し、丁寧が準決勝で平野を4―1で下した。

 アジア杯で張本に負けた樊振東も連敗は絶対に許されない。当然張本を徹底研究しているはずだ。その相手に勝ってこそ、「東京五輪で金メダルを取る」という目標も、少しは現実味を帯びてくるというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る