世界1位撃破の勢い続くか 張本を待つ中国勢の“リベンジ魂”

公開日: 更新日:

「自分が活躍して金メダルを取りたい」と言ったのは卓球張本智和(14)だ。

 卓球男子の日本代表は24日、世界選手権団体戦(29日開幕=スウェーデン・ハルムスタード)に向けて出発。昨年の同個人戦で史上最年少の8強入りを果たした張本が大会前の決意を語った。

 2月のW杯団体戦は男女とも中国に敗れて準優勝。いつもの攻撃的なプレーを封じられた張本は通算3勝4敗に終わった。それでも4月初旬のアジア杯(横浜)1次リーグでは、世界ランク1位の樊振東(中国)を3―1で破り「本当に信じられない。バックでいいボールが出た。東京五輪の前に1回は越えたい壁だった」と語っていた。

 世界選手権で樊振東との再戦があるかはわからないが、張本の真価が問われるのは次戦だ。

 世界最強の中国は、日本選手に敗れると次の対戦では必ずリベンジする。昨年も、4月のアジア選手権(中国・無錫)女子単準々決勝から、リオ五輪金で世界ランク1位の丁寧、同2位の朱雨玲、同5位の陳夢が、ホームで次々に当時17歳の平野美宇(同11位)に敗れた。すると中国は、2カ月後の世界選手権(ドイツ)まで平野にプレースタイルが似た選手を選んで猛練習し、丁寧が準決勝で平野を4―1で下した。

 アジア杯で張本に負けた樊振東も連敗は絶対に許されない。当然張本を徹底研究しているはずだ。その相手に勝ってこそ、「東京五輪で金メダルを取る」という目標も、少しは現実味を帯びてくるというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る