世界1位撃破の勢い続くか 張本を待つ中国勢の“リベンジ魂”

公開日: 更新日:

「自分が活躍して金メダルを取りたい」と言ったのは卓球張本智和(14)だ。

 卓球男子の日本代表は24日、世界選手権団体戦(29日開幕=スウェーデン・ハルムスタード)に向けて出発。昨年の同個人戦で史上最年少の8強入りを果たした張本が大会前の決意を語った。

 2月のW杯団体戦は男女とも中国に敗れて準優勝。いつもの攻撃的なプレーを封じられた張本は通算3勝4敗に終わった。それでも4月初旬のアジア杯(横浜)1次リーグでは、世界ランク1位の樊振東(中国)を3―1で破り「本当に信じられない。バックでいいボールが出た。東京五輪の前に1回は越えたい壁だった」と語っていた。

 世界選手権で樊振東との再戦があるかはわからないが、張本の真価が問われるのは次戦だ。

 世界最強の中国は、日本選手に敗れると次の対戦では必ずリベンジする。昨年も、4月のアジア選手権(中国・無錫)女子単準々決勝から、リオ五輪金で世界ランク1位の丁寧、同2位の朱雨玲、同5位の陳夢が、ホームで次々に当時17歳の平野美宇(同11位)に敗れた。すると中国は、2カ月後の世界選手権(ドイツ)まで平野にプレースタイルが似た選手を選んで猛練習し、丁寧が準決勝で平野を4―1で下した。

 アジア杯で張本に負けた樊振東も連敗は絶対に許されない。当然張本を徹底研究しているはずだ。その相手に勝ってこそ、「東京五輪で金メダルを取る」という目標も、少しは現実味を帯びてくるというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    小池知事が急に元気に…「五輪からコロナに移る希望の党」

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  8. 8

    急ピッチで進む検察捜査 ターゲットは河井克行前法務大臣

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    実は7割の人が間違っている…マスクの正しい装着方法とは

もっと見る