• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
河治良幸
著者のコラム一覧
河治良幸

1973年8月、東京都生まれ。青山学院大卒。サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当。近著に「サッカー観戦バイブル」(成美堂出版)。

ポーランド編<上>レバンドフスキを止めるのは至難のワザ

 1974年と82年大会で3位という素晴らしい成績を収めて78年はベスト8に、86年にはベスト16に食い込んだ。この「12年」がポーランドサッカーの栄華だった。その前後は欧州予選敗退が続き、02年と06年に本大会出場を決めたとはいえ、いずれもグループリーグで姿を消すことになった。今回、3大会ぶり出場の原動力となったのが、欧州予選9試合で16得点を決めたエースFWレバンドフスキである。この欧州を代表する強力ストライカーを日本はどう封じるのか? サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」の日本代表担当、河治良幸氏による「ポーランド徹底分析」第1弾。

 ◇  ◇  ◇

 ――ポーランドとは過去2戦して2勝。相性の良い相手と言えるかもしれませんが、現代表には驚異的なストライカーがいます。

「ポーランドというチームを表現するならば<すべてのプレーがシンプルにして力強い>と言えるでしょう。アタッカー陣のタテへの推進力は、分かっていても容易に止められません。最後の仕上げを担当するのが、バイエルン・ミュンヘンでプレーするCFレバンドフスキです。彼の傑出した得点能力を最大限生かすために、サイド攻撃をどんどん仕掛けてきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る