河治良幸
著者のコラム一覧
河治良幸

1973年8月、東京都生まれ。青山学院大卒。サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当。近著に「サッカー観戦バイブル」(成美堂出版)。

ポーランド編<上>レバンドフスキを止めるのは至難のワザ

公開日:

 1974年と82年大会で3位という素晴らしい成績を収めて78年はベスト8に、86年にはベスト16に食い込んだ。この「12年」がポーランドサッカーの栄華だった。その前後は欧州予選敗退が続き、02年と06年に本大会出場を決めたとはいえ、いずれもグループリーグで姿を消すことになった。今回、3大会ぶり出場の原動力となったのが、欧州予選9試合で16得点を決めたエースFWレバンドフスキである。この欧州を代表する強力ストライカーを日本はどう封じるのか? サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」の日本代表担当、河治良幸氏による「ポーランド徹底分析」第1弾。

 ◇  ◇  ◇

 ――ポーランドとは過去2戦して2勝。相性の良い相手と言えるかもしれませんが、現代表には驚異的なストライカーがいます。

「ポーランドというチームを表現するならば<すべてのプレーがシンプルにして力強い>と言えるでしょう。アタッカー陣のタテへの推進力は、分かっていても容易に止められません。最後の仕上げを担当するのが、バイエルン・ミュンヘンでプレーするCFレバンドフスキです。彼の傑出した得点能力を最大限生かすために、サイド攻撃をどんどん仕掛けてきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る