消えた乱闘文化…“仲良し選手”のプロ野球に一抹の寂しさ

公開日: 更新日:

 この日のDeNA対阪神戦の一回表。DeNA先発・今永の4球目が福留の右肩に。福留は2、3歩、マウンドに近づくと声を荒らげた。5月1日にも今永に当てられているから、「すわ乱闘か!」と思われたが、結局、福留はそのまま一塁へ歩いた。

 少し前までプロ野球には乱闘はつきもの。死球やラフプレーを巡って、両軍ベンチから選手が勢いよく飛び出すことは珍しくなかった。ところが、最近ではそんな光景はめっきり減った。「侍ジャパン」が結成され、異なる球団の選手との交流が盛んになり、毎年の交流戦でセ、パの選手が顔を合わせることも増えた。オフには球団の垣根を越えて選手が一緒に自主トレを行う。乱闘の激減は、「敵」である相手が選手の気持ちの中では「仲間」になっているからだろう。

 大リーグは今も「乱闘文化」が消えていない。今年も4月11日のロッキーズ対パドレス戦で、パドレスの投手がロッキーズ主力打者の背中スレスレに154キロの速球を投げ、両軍入り乱れての殴り合い。5人が退場となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

もっと見る