クロアチア初の決勝進出 勝因とFWマンジュキッチの行く末

公開日: 更新日:

 クロアチアが死闘を制して初の決勝進出を果たした。

 前半5分に先制されたが、後半23分にFWペリシッチ(29=インテルミラノ)のゴールで同点に追いつくと、90分で勝敗は決まらず、クロアチアにとっては3試合連続の延長戦へ。その延長後半4分、ペリシッチのバックヘッドのパスにFWマンジュキッチ(32=ユベントス)が振り向きながらダイレクトで左足シュート。逆転の決勝ゴールが決まり、5度目の出場で初のファイナルへの切符を手にした。

 FIFAランクで上回る相手に逆転勝ち。欧州予選プレーオフから勝ち上がってきただけに、まさに下克上である。

 試合を現地取材した元ワールドサッカーグラフィック編集長の中山淳氏がこう言う。

「クロアチアの選手は明らかに疲弊しており、どの選手も体が重く、プレーにキレがなかった。しかし、勝利への執念を前面に出しながら、自分たちのストロングポイントであるパスサッカーを愚直に信じ、最後までやり切ったことが勝因となりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る