田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

準決勝で「日本人GKのレベルアップ急務」を改めて実感した

公開日:

 ロシアW杯準決勝2試合が終わった。

 決勝に進むクロアチアのGKスバシッチ(33=モナコ)、3位決定戦に回るイングランドのGKピックフォード(24=エバートン)、そして11日(日本時間)の準決勝で勝者フランスのGKロリス(31=トットナム)、敗者ベルギーのGKクルトワ(26=チェルシー)のパフォーマンスをじっくり観察させてもらった。

 クロアチアが前半5分にFKで失点した場面では、イングランドDFトリッピアーの蹴ったボールの質が高かったとはいえ、スバシッチが「壁の高さ」に頼り、立ち位置が右により過ぎていた。

 ボールを見送りながら本人もミスを自覚し、大きなショックを受けたに違いないが、その後は動揺を決して表に出すことなく、冷静にプレーし続けたのはさすがだった。

 2017年11月に代表デビューを果たしたピックフォードは、代表歴5試合にも満たない若手ながらW杯本大会のレギュラーを獲得。クロアチア戦でも持ち味のアグレッシブなプレーを随所に見せたが、延長後半のFWマンジュキッチのシュートには、反応スピードがやや遅れたように感じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る