• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

準決勝で「日本人GKのレベルアップ急務」を改めて実感した

 ロシアW杯準決勝2試合が終わった。

 決勝に進むクロアチアのGKスバシッチ(33=モナコ)、3位決定戦に回るイングランドのGKピックフォード(24=エバートン)、そして11日(日本時間)の準決勝で勝者フランスのGKロリス(31=トットナム)、敗者ベルギーのGKクルトワ(26=チェルシー)のパフォーマンスをじっくり観察させてもらった。

 クロアチアが前半5分にFKで失点した場面では、イングランドDFトリッピアーの蹴ったボールの質が高かったとはいえ、スバシッチが「壁の高さ」に頼り、立ち位置が右により過ぎていた。

 ボールを見送りながら本人もミスを自覚し、大きなショックを受けたに違いないが、その後は動揺を決して表に出すことなく、冷静にプレーし続けたのはさすがだった。

 2017年11月に代表デビューを果たしたピックフォードは、代表歴5試合にも満たない若手ながらW杯本大会のレギュラーを獲得。クロアチア戦でも持ち味のアグレッシブなプレーを随所に見せたが、延長後半のFWマンジュキッチのシュートには、反応スピードがやや遅れたように感じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る