田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

W杯を勝ち上がるには“神がかり的”セーブが必要だ

公開日: 更新日:

 眠い目をこすりながらロシアW杯をテレビ観戦する日々を送っている。今回コラムでは「世界的スーパースターのPKを阻止した無名GK」について触れてみたい。

 アルゼンチンFWメッシの蹴ったボールをセーブしたアイスランドのGKハルドルソン(34=ラナース)。ポルトガルFWのC・ロナウドのPKを阻んだイランGKのベイランバンド(25=ペルセポリス)。

 2人とも欧州の名門クラブで華々しい活躍を見せている選手ではないが、年収100億円超のビッグネームに臆することなく、ハルドルソンは右に、ベイランバンドは左に飛んでスーパーセーブである。

 両国とも1次リーグで敗退したが、フィールドプレーヤーの奮闘と合わせ、希代のストライカーと対峙して強烈なインパクトを残した2人を記憶にとどめておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  9. 9

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る