田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

W杯を勝ち上がるには“神がかり的”セーブが必要だ

公開日:  更新日:

 眠い目をこすりながらロシアW杯をテレビ観戦する日々を送っている。今回コラムでは「世界的スーパースターのPKを阻止した無名GK」について触れてみたい。

 アルゼンチンFWメッシの蹴ったボールをセーブしたアイスランドのGKハルドルソン(34=ラナース)。ポルトガルFWのC・ロナウドのPKを阻んだイランGKのベイランバンド(25=ペルセポリス)。

 2人とも欧州の名門クラブで華々しい活躍を見せている選手ではないが、年収100億円超のビッグネームに臆することなく、ハルドルソンは右に、ベイランバンドは左に飛んでスーパーセーブである。

 両国とも1次リーグで敗退したが、フィールドプレーヤーの奮闘と合わせ、希代のストライカーと対峙して強烈なインパクトを残した2人を記憶にとどめておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る