• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

W杯を勝ち上がるには“神がかり的”セーブが必要だ

 眠い目をこすりながらロシアW杯をテレビ観戦する日々を送っている。今回コラムでは「世界的スーパースターのPKを阻止した無名GK」について触れてみたい。

 アルゼンチンFWメッシの蹴ったボールをセーブしたアイスランドのGKハルドルソン(34=ラナース)。ポルトガルFWのC・ロナウドのPKを阻んだイランGKのベイランバンド(25=ペルセポリス)。

 2人とも欧州の名門クラブで華々しい活躍を見せている選手ではないが、年収100億円超のビッグネームに臆することなく、ハルドルソンは右に、ベイランバンドは左に飛んでスーパーセーブである。

 両国とも1次リーグで敗退したが、フィールドプレーヤーの奮闘と合わせ、希代のストライカーと対峙して強烈なインパクトを残した2人を記憶にとどめておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る