殿堂入り ゴジラ松井のユニホーム姿を渇望するセの事情

公開日: 更新日:

「野球人にとって最高の栄誉。まだまだ日本の野球のために尽くしたい」

 13日に行われたマイナビオールスターゲーム第1戦の開始前、野球殿堂入りした松井秀喜氏(44)が表彰式で感謝の弁を述べた。

 松井氏は現在、米国を拠点とし、古巣ヤンキースのGM特別アドバイザーを務めている。そんな松井氏に、さるセ球団の幹部は、「松井さんの人気は絶大。日本の野球、さらにセの野球を盛り上げるためにも、指導者として古巣の巨人などでユニホームを着てもらいたい」と言うのだ。

 “松井待望論”の背景には、セのこんな事情があるという。

「前半戦のセは、前年よりも1試合あたりの平均観客動員が増えた(2・1%増)。中日が『松坂効果』で10・8%も増加したものの、伝統球団の巨人、阪神がそれぞれ観客を減らしている。要するに、松坂におんぶに抱っこの状態。近年、優勝を逃し続けている巨人と阪神に頑張ってもらわないと、セは苦しいのです」(球界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  6. 6

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  7. 7

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  8. 8

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    後半戦初登板で3人炎上 セのエースをつまづかせた“真犯人”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る