誠実キャラゆえ? 森保監督がウソツキ呼ばわりされるワケ

公開日: 更新日:

 東京五輪世代のU―21(21歳以下)代表の森保一監督が、日本代表監督を兼任することが26日に決まり、周辺から「あんなウソツキだとは思わなかった」という声が飛び交っている。

「森保監督のキャラクターは<真面目で誠実>というもの。彼の口から人の悪口を聞いた者はひとりもいないし、彼のことを悪く言う人も皆無。だからこそ森保監督のついたウソが際立っている」(サッカー関係者)

 森保監督は17年10月に五輪代表監督に就任。その1年前にもオファーがあった際、「代表監督は年に数回の合宿、遠征だけで選手と信頼関係を築き、チームを強くしなければならない。自分にとってクラブの監督は天職です。選手たちと毎日顔を突き合わせ、一歩一歩着実にチームを強くしていく作業が性に合っている」と断っている。

 しかし、最終的に五輪監督を引き受けることになった。その理由を森保監督は「やはり母国開催の五輪というのは特別なんです。東京五輪じゃなかったら、五輪代表監督は受けなかった」と親しい友人に漏らしていた。

 ところが――。日本代表監督のオファーに対して「即決でした」(森保監督)と就任会見でスパッと言い切った。 

 かくして森保兼任監督は、おそらく生まれてこの方、初めてウソツキ呼ばわりされている――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  7. 7

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  8. 8

    「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

  9. 9

    闇営業問題でTV各局大慌て…“我が道”路線テレ東の対応は?

  10. 10

    大谷翔平メジャー2年目でも“英語しゃべらず”伝説は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る