誠実キャラゆえ? 森保監督がウソツキ呼ばわりされるワケ

公開日:

 東京五輪世代のU―21(21歳以下)代表の森保一監督が、日本代表監督を兼任することが26日に決まり、周辺から「あんなウソツキだとは思わなかった」という声が飛び交っている。

「森保監督のキャラクターは<真面目で誠実>というもの。彼の口から人の悪口を聞いた者はひとりもいないし、彼のことを悪く言う人も皆無。だからこそ森保監督のついたウソが際立っている」(サッカー関係者)

 森保監督は17年10月に五輪代表監督に就任。その1年前にもオファーがあった際、「代表監督は年に数回の合宿、遠征だけで選手と信頼関係を築き、チームを強くしなければならない。自分にとってクラブの監督は天職です。選手たちと毎日顔を突き合わせ、一歩一歩着実にチームを強くしていく作業が性に合っている」と断っている。

 しかし、最終的に五輪監督を引き受けることになった。その理由を森保監督は「やはり母国開催の五輪というのは特別なんです。東京五輪じゃなかったら、五輪代表監督は受けなかった」と親しい友人に漏らしていた。

 ところが――。日本代表監督のオファーに対して「即決でした」(森保監督)と就任会見でスパッと言い切った。 

 かくして森保兼任監督は、おそらく生まれてこの方、初めてウソツキ呼ばわりされている――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る