松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

次のリクエストは「涙のホームラン」、いってみよ~!

公開日: 更新日:

 メールもない時代のラジオ深夜放送で、ハガキを読んでレコードをかけてたDJなら言いそう。

「福岡県にお住まいの工藤キミヤスくんのリクエストで『涙のホームラン、実はファウル』、歌は佐々木責任審判、いってみよ~!」

 ジャカジャカイントロ後、尾藤イサオみたいな声で

「♪謝ったってもう遅い、言っちゃったものはもどらない、イエイエ、たそがれの審判、つぶらな瞳も濡れている、ふくらっ面する夜の道~~~~~~」

 以下じゃかじゃかエレキのソロをBGMにDJが、

「いやいや、しかしオリックスの福良、怒ってたね~。いつもはちょっとヒョットコ顔で妙にまつげの長いちょっと弱気に見えるオッサンがさ、怒ったね。そもそもサ、審判が信用できねえからって、ビデオ判定にしたわけだよな。そのビデオ判定を判定するのが、だれ? そうなんだよ、審判なんだよ! 信用できねえ審判がビデオ見て、判定するのが、信用できねえ審判なんだよ! なにこれ!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る