渡辺元美
著者のコラム一覧
渡辺元美横浜高校 前寮母

1970年、神奈川県生まれ。父は横浜高校元監督の渡辺元智氏。幼少期から自宅に同居する野球部員と共に育つ。97年、寮母を務める母の紀子(みちこ)さんの後を引き継ぐ。2017年に管理栄養士免許を取得。父が監督を勇退した3年後の今年3月、寮母を引退。現在は桜美林大のアスリート寮で食事面のサポートを行う。6月に「横浜高校野球部 食堂物語 甲子園、連れていきます!」(徳間書店)を上梓。

息子が起こした“ガム事件” 筒香くんのひと言で救われた

公開日:

 3年連続18度目となる夏の甲子園行きを決めた横浜高校。今大会に出場する56校中、最多の18人の現役プロ野球選手が活躍している。輩出したプロは計61人。そんな全国屈指の強豪校で球児の胃袋を支えてきたのが、前寮母・渡辺元美さんだ。

 3年前まで監督を務めた渡辺元智氏の次女で、1997年に母から寮母を引き継ぎ、今年3月に“引退”した。寮母だからこそ知る選手の素顔。まずはDeNAの主砲、筒香嘉智(26=2009年卒)だ。

■激怒する部長に「僕でーす!」と

 筒香くんは高校生のとき、当時まだ小学生だった息子(佳明=明大4年)とよく遊んでくれました。あるとき、寮の部屋で遊んでいたとき、息子が噛んでいたガムを窓から吹き飛ばしたんです。それが下に止まっていた小倉(清一郎)部長の愛車に……。張りついたガムを見た小倉さんは激怒して、下から怒鳴り声が響いてきました。息子は半泣き。そうしたら、すぐに筒香くんが窓から顔を出して「僕でーす!」と。かばってくれて息子はすごく救われたと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る