渡辺元美
著者のコラム一覧
渡辺元美横浜高校 前寮母

1970年、神奈川県生まれ。父は横浜高校元監督の渡辺元智氏。幼少期から自宅に同居する野球部員と共に育つ。97年、寮母を務める母の紀子(みちこ)さんの後を引き継ぐ。2017年に管理栄養士免許を取得。父が監督を勇退した3年後の今年3月、寮母を引退。現在は桜美林大のアスリート寮で食事面のサポートを行う。6月に「横浜高校野球部 食堂物語 甲子園、連れていきます!」(徳間書店)を上梓。

息子が起こした“ガム事件” 筒香くんのひと言で救われた

公開日:

 3年連続18度目となる夏の甲子園行きを決めた横浜高校。今大会に出場する56校中、最多の18人の現役プロ野球選手が活躍している。輩出したプロは計61人。そんな全国屈指の強豪校で球児の胃袋を支えてきたのが、前寮母・渡辺元美さんだ。

 3年前まで監督を務めた渡辺元智氏の次女で、1997年に母から寮母を引き継ぎ、今年3月に“引退”した。寮母だからこそ知る選手の素顔。まずはDeNAの主砲、筒香嘉智(26=2009年卒)だ。

■激怒する部長に「僕でーす!」と

 筒香くんは高校生のとき、当時まだ小学生だった息子(佳明=明大4年)とよく遊んでくれました。あるとき、寮の部屋で遊んでいたとき、息子が噛んでいたガムを窓から吹き飛ばしたんです。それが下に止まっていた小倉(清一郎)部長の愛車に……。張りついたガムを見た小倉さんは激怒して、下から怒鳴り声が響いてきました。息子は半泣き。そうしたら、すぐに筒香くんが窓から顔を出して「僕でーす!」と。かばってくれて息子はすごく救われたと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る