山根会長だけではない ボクシング連盟に巣くう女帝の正体

公開日: 更新日:

 日本ボクシング連盟の問題は山根明会長(78)が批判の矢面に立たされているが、告発した「日本ボクシングを再興する会」の関係者は、「山根会長の退任は当然のこととして、それだけで済みません。問題の人物はまだいる」と言う。

 そもそも今回、都道府県連盟幹部ら333人が関係機関に提出した告発状は、助成金の不正流用がきっかけだ。

 2016年リオデジャネイロ五輪代表の成松大介選手(28=自衛隊)に対して、日本スポーツ振興センター(JSC)が交付した240万円の助成金が連盟の指示で3等分され、別の2選手にも渡されていた。

 一連の疑惑を全面否定している山根会長は、この助成金に関してだけは「私の指示で3等分した」と認め、「ルール違反と知らなかった」と釈明しているが、告発人が問題視しているのは、この不正流用に関して連盟幹部が隠蔽工作を図ったことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

  10. 10

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

もっと見る