松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

こう暑いと山根会長の模倣オヤジが出没するが、真似すなよ

公開日: 更新日:

加計理事長「今治タオルとか用意したげましょかね?わはははぁ!」

 ボクシングもアメフトも、選手はみんな暑い中、一生懸命やっとる。冷房の効いた涼しい所で豪華な椅子にふんぞり返り、甘い汁を吸いながら金のロレックスちらつかせてる輩に、ろくなやつはいねえ。
会長「せやから、ロレックス売った言うたやないかいゴルァ」

 恐ろしいな、このオッサン。こう暑いとな、やけにキレる模倣オヤジが出没する。以下やや演出したが、ほぼ実体験。

 盆休みで混雑した新幹線の窓側席で背もたれを倒して目ぇつぶっていたら、新大阪から家族連れがどやどや乗ってきて、3人掛けの椅子をオレの後ろで向かい合わせにしようとして、「背もたれ起こしてや」と言ってきた。びっくりして起こしたらガシャンと座席をひっくり返して背中合わせになったオレの席の裏側へトランクをドカドカ詰め込んだ。ゆらんと立ち上がって振り向きざま、サングラスを取らずに「トランクは網棚に上げやボケ!」と低い声でうめいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る