陸連顧問が五輪に警鐘「このままでは人殺しマラソンに」

公開日:

 ――五輪組織委員会の森喜朗会長は先日、選手の健康面を考慮し、安倍首相に夏の時間を2時間繰り上げるサマータイムの導入を要望しました。

「マラソンは通常の5時、男子の50キロ競歩はスタートが4時になるのか。選手や観衆のことを考えれば助かるな」

 ――健康被害やコンピューターシステムの対応が時間的に厳しいといった指摘もあり、実現するか不明ですが。

「ならば、スタートは朝6時でいい。そして給水所を多く設置する。早朝でも沿道は応援する人で埋め尽くされる。みんな大声上げて日の丸を振る。そんな中で体調が悪くなってもなかなか棄権できないぞ。選手は何も要求を出せないのだから、役員が選手のことを一番に考えるべきなんだ。30度を超える気温でスタートさせるのは、人道上の問題もある。今のままでは東京五輪は人殺しマラソンになってしまうぞ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る