陸連顧問が五輪に警鐘「このままでは人殺しマラソンに」

公開日:

 ――五輪組織委員会の森喜朗会長は先日、選手の健康面を考慮し、安倍首相に夏の時間を2時間繰り上げるサマータイムの導入を要望しました。

「マラソンは通常の5時、男子の50キロ競歩はスタートが4時になるのか。選手や観衆のことを考えれば助かるな」

 ――健康被害やコンピューターシステムの対応が時間的に厳しいといった指摘もあり、実現するか不明ですが。

「ならば、スタートは朝6時でいい。そして給水所を多く設置する。早朝でも沿道は応援する人で埋め尽くされる。みんな大声上げて日の丸を振る。そんな中で体調が悪くなってもなかなか棄権できないぞ。選手は何も要求を出せないのだから、役員が選手のことを一番に考えるべきなんだ。30度を超える気温でスタートさせるのは、人道上の問題もある。今のままでは東京五輪は人殺しマラソンになってしまうぞ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る