• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

各国主力が開幕戦を欠場する中 ポグパは素晴らしかった

 そんな中、優勝したフランスのMFポグバはキャプテンマークをつけて試合に臨み、PKから先制点を決めました。試合は2―1でマンチェスターUの勝利。モウリーニョ監督も「素晴らしい。半分の45分と思ったが、80分間もプレーしてくれた」と大絶賛です。PK以外にも絶妙なスルーパスを通すなど攻撃面で躍動する姿を見ながら、「もう1ランク上の選手である自覚が芽生えたかな」と感じたものです。

 残念だったのはレスターのFW岡崎です。右足の負傷でこの試合はベンチ外。開幕戦でゴールを決めたFWバーディーの相棒が誰になるのか。現状で岡崎は3番手、今季でレスターとの契約が切れるだけに大きな足跡を残し、次のステージに進んで欲しいものです。

 同じ開幕戦では、ドイツのマインツからニューカッスルに移籍したFW武藤が後半36分にプレミアリーグ・デビューを飾りました。ベニテス監督は「フィットするには時間が少ない」と言いつつも、「ボールを引き出す動きをいつも狙っているし、速いカウンターの推進力になる」と期待を寄せています。

 日本代表の岡崎と武藤の2人のFWがどんな活躍を見せるのか。新しいシーズンが楽しみなプレミアリーグです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る