八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

各国主力が開幕戦を欠場する中 ポグパは素晴らしかった

公開日:

 そんな中、優勝したフランスのMFポグバはキャプテンマークをつけて試合に臨み、PKから先制点を決めました。試合は2―1でマンチェスターUの勝利。モウリーニョ監督も「素晴らしい。半分の45分と思ったが、80分間もプレーしてくれた」と大絶賛です。PK以外にも絶妙なスルーパスを通すなど攻撃面で躍動する姿を見ながら、「もう1ランク上の選手である自覚が芽生えたかな」と感じたものです。

 残念だったのはレスターのFW岡崎です。右足の負傷でこの試合はベンチ外。開幕戦でゴールを決めたFWバーディーの相棒が誰になるのか。現状で岡崎は3番手、今季でレスターとの契約が切れるだけに大きな足跡を残し、次のステージに進んで欲しいものです。

 同じ開幕戦では、ドイツのマインツからニューカッスルに移籍したFW武藤が後半36分にプレミアリーグ・デビューを飾りました。ベニテス監督は「フィットするには時間が少ない」と言いつつも、「ボールを引き出す動きをいつも狙っているし、速いカウンターの推進力になる」と期待を寄せています。

 日本代表の岡崎と武藤の2人のFWがどんな活躍を見せるのか。新しいシーズンが楽しみなプレミアリーグです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る