八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

各国主力が開幕戦を欠場する中 ポグパは素晴らしかった

公開日:

 そんな中、優勝したフランスのMFポグバはキャプテンマークをつけて試合に臨み、PKから先制点を決めました。試合は2―1でマンチェスターUの勝利。モウリーニョ監督も「素晴らしい。半分の45分と思ったが、80分間もプレーしてくれた」と大絶賛です。PK以外にも絶妙なスルーパスを通すなど攻撃面で躍動する姿を見ながら、「もう1ランク上の選手である自覚が芽生えたかな」と感じたものです。

 残念だったのはレスターのFW岡崎です。右足の負傷でこの試合はベンチ外。開幕戦でゴールを決めたFWバーディーの相棒が誰になるのか。現状で岡崎は3番手、今季でレスターとの契約が切れるだけに大きな足跡を残し、次のステージに進んで欲しいものです。

 同じ開幕戦では、ドイツのマインツからニューカッスルに移籍したFW武藤が後半36分にプレミアリーグ・デビューを飾りました。ベニテス監督は「フィットするには時間が少ない」と言いつつも、「ボールを引き出す動きをいつも狙っているし、速いカウンターの推進力になる」と期待を寄せています。

 日本代表の岡崎と武藤の2人のFWがどんな活躍を見せるのか。新しいシーズンが楽しみなプレミアリーグです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る