八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

英プレミアリーグ 日本人3選手の厳しいポジション争い

公開日:

 日本時間26日に英プレミアリーグ第3節のレスターVSサウサンプトンをDAZNで実況しました。レスターFW岡崎、サウサンプトンCB吉田の日本代表対決を楽しみにしていたのですが、吉田はベンチ外でがっかりさせられ、ベンチスタートの岡崎は後半43分からの出場。時間が短く、見せ場をつくることはできませんでした。

 欧州主要リーグが開幕しました。日本人に限らず、ロシアW杯出場選手が、なかなか出番に恵まれない状況を見ると「W杯ロス」を改めて感じます。W杯という夢の舞台を経験した後、気持ちの切り替えが難しいのでしょう。肉体的ダメージは時間が解決してくれるはずですが、燃え尽きたメンタル面のダメージ修復に「時間がかかってしまう」と口にする選手も少なくないようです。

 サウサンプトンのヒューズ監督は、新たにドイツ1部ボルシアMGからデンマーク代表の巨漢CBベステゴーを補強しました。身長2メートル。漫画「進撃の巨人」を思わせる偉丈夫です。選手のコンディションが上がらなければ、補強やコンバートで結果を求めるのは当然のこと。吉田にとってはスタメン争いの渦中に巻き込まれ、W杯ロスを患っている場合ではなくなりました。シビアな現実に放り込まれ、本来のパフォーマンスを早く取り戻して欲しいものです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る