アジア初制覇目指すバド桃田賢斗に“モモタ女子”の追い風

公開日:

 世界王者に追い風である。

 先の世界選手権(中国・南京)に続く、今季2個目の金メダルを狙うバドミントン男子シングルス世界ランキング4位の桃田賢斗(23)は「地の利」を生かせるからだ。

 今大会、桃田のライバルになりそうなのは中国、マレーシア、韓国、台湾勢で、世界12位のギンティング、同13位のスギアルトのインドネシア勢2人も侮れない。特にギンティングには、通算3勝1敗と勝ち越しているものの、15年香港オープンではストレート負けを喫しており、決して相性は良くない。仮に開催国のインドネシア勢と対戦すれば、「完全アウェー」での戦いを強いられる。

 もっとも、バドミントンが国技のインドネシアは桃田にとって地元のようなもの。桃田の卓越したラケットさばき、スピーディーなプレーは目の肥えた現地メディア、地元ファンから高い評価を得ている。インドネシアで行われるスーパーシリーズに桃田が出場する際には、会場は多くのファンで埋め尽くされるほど。「モモタ女子」なるインドネシアの女性ファンも少なくないそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る