アジア初制覇目指すバド桃田賢斗に“モモタ女子”の追い風

公開日:

 世界王者に追い風である。

 先の世界選手権(中国・南京)に続く、今季2個目の金メダルを狙うバドミントン男子シングルス世界ランキング4位の桃田賢斗(23)は「地の利」を生かせるからだ。

 今大会、桃田のライバルになりそうなのは中国、マレーシア、韓国、台湾勢で、世界12位のギンティング、同13位のスギアルトのインドネシア勢2人も侮れない。特にギンティングには、通算3勝1敗と勝ち越しているものの、15年香港オープンではストレート負けを喫しており、決して相性は良くない。仮に開催国のインドネシア勢と対戦すれば、「完全アウェー」での戦いを強いられる。

 もっとも、バドミントンが国技のインドネシアは桃田にとって地元のようなもの。桃田の卓越したラケットさばき、スピーディーなプレーは目の肥えた現地メディア、地元ファンから高い評価を得ている。インドネシアで行われるスーパーシリーズに桃田が出場する際には、会場は多くのファンで埋め尽くされるほど。「モモタ女子」なるインドネシアの女性ファンも少なくないそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る