アジア初制覇目指すバド桃田賢斗に“モモタ女子”の追い風

公開日: 更新日:

 世界王者に追い風である。

 先の世界選手権(中国・南京)に続く、今季2個目の金メダルを狙うバドミントン男子シングルス世界ランキング4位の桃田賢斗(23)は「地の利」を生かせるからだ。

 今大会、桃田のライバルになりそうなのは中国、マレーシア、韓国、台湾勢で、世界12位のギンティング、同13位のスギアルトのインドネシア勢2人も侮れない。特にギンティングには、通算3勝1敗と勝ち越しているものの、15年香港オープンではストレート負けを喫しており、決して相性は良くない。仮に開催国のインドネシア勢と対戦すれば、「完全アウェー」での戦いを強いられる。

 もっとも、バドミントンが国技のインドネシアは桃田にとって地元のようなもの。桃田の卓越したラケットさばき、スピーディーなプレーは目の肥えた現地メディア、地元ファンから高い評価を得ている。インドネシアで行われるスーパーシリーズに桃田が出場する際には、会場は多くのファンで埋め尽くされるほど。「モモタ女子」なるインドネシアの女性ファンも少なくないそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る