吉田・伊調抜き…アジア大会で日本女子レスリングが窮地に

公開日:

 アジアのライバルが虎視眈々と日本潰しを狙っている。

 栄和人前強化本部長によるパワハラ騒動で日本のレスリング界が揺れる間に、各国とも着実に強化を図っているのだ。

 もともと女子レスリングが盛んな中国、北朝鮮、インドなどは今大会、メダル取りの可能性のある階級に有力選手を配分した。

 日本はリオ五輪後、絶対女王の吉田沙保里、伊調馨が休養のため不在。ここぞとばかりに、2人の階級である53キロ級、57キロ級に他の階級で実績のある選手が参戦するのだ。

 奥野春菜(19)がエントリーした53キロ級は13年のアジア選手権48キロ級女王であるパク・ヨンミン(北朝鮮)、リオ五輪48キロ級5位のジルジズ・エシモワ(カザフスタン)らが階級を上げてきた。坂上嘉津季(25)の57キロ級は16年世界選手権60キロ級(非五輪階級)覇者のペイ・シングル(中国)、世界選手権53キロ級で銅メダル2度のヨン・ミョンスク(北朝鮮)が、アジア女王の座を狙う。いずれも20年東京五輪でのメダル取りを見据えて階級変更を決断したという。

 これまで吉田と伊調が出場する階級では、2人との対戦を避けるため、海外勢は逃げるように階級を変えてきた。それが今や海外のライバルから格好のターゲットにされている。

 アジア大会で奥野と坂上が惨敗するようなら、絶対女王2人の復帰を願う声が上がりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る