• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉田・伊調抜き…アジア大会で日本女子レスリングが窮地に

 アジアのライバルが虎視眈々と日本潰しを狙っている。

 栄和人前強化本部長によるパワハラ騒動で日本のレスリング界が揺れる間に、各国とも着実に強化を図っているのだ。

 もともと女子レスリングが盛んな中国、北朝鮮、インドなどは今大会、メダル取りの可能性のある階級に有力選手を配分した。

 日本はリオ五輪後、絶対女王の吉田沙保里、伊調馨が休養のため不在。ここぞとばかりに、2人の階級である53キロ級、57キロ級に他の階級で実績のある選手が参戦するのだ。

 奥野春菜(19)がエントリーした53キロ級は13年のアジア選手権48キロ級女王であるパク・ヨンミン(北朝鮮)、リオ五輪48キロ級5位のジルジズ・エシモワ(カザフスタン)らが階級を上げてきた。坂上嘉津季(25)の57キロ級は16年世界選手権60キロ級(非五輪階級)覇者のペイ・シングル(中国)、世界選手権53キロ級で銅メダル2度のヨン・ミョンスク(北朝鮮)が、アジア女王の座を狙う。いずれも20年東京五輪でのメダル取りを見据えて階級変更を決断したという。

 これまで吉田と伊調が出場する階級では、2人との対戦を避けるため、海外勢は逃げるように階級を変えてきた。それが今や海外のライバルから格好のターゲットにされている。

 アジア大会で奥野と坂上が惨敗するようなら、絶対女王2人の復帰を願う声が上がりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る