吉田・伊調抜き…アジア大会で日本女子レスリングが窮地に

公開日:

 アジアのライバルが虎視眈々と日本潰しを狙っている。

 栄和人前強化本部長によるパワハラ騒動で日本のレスリング界が揺れる間に、各国とも着実に強化を図っているのだ。

 もともと女子レスリングが盛んな中国、北朝鮮、インドなどは今大会、メダル取りの可能性のある階級に有力選手を配分した。

 日本はリオ五輪後、絶対女王の吉田沙保里、伊調馨が休養のため不在。ここぞとばかりに、2人の階級である53キロ級、57キロ級に他の階級で実績のある選手が参戦するのだ。

 奥野春菜(19)がエントリーした53キロ級は13年のアジア選手権48キロ級女王であるパク・ヨンミン(北朝鮮)、リオ五輪48キロ級5位のジルジズ・エシモワ(カザフスタン)らが階級を上げてきた。坂上嘉津季(25)の57キロ級は16年世界選手権60キロ級(非五輪階級)覇者のペイ・シングル(中国)、世界選手権53キロ級で銅メダル2度のヨン・ミョンスク(北朝鮮)が、アジア女王の座を狙う。いずれも20年東京五輪でのメダル取りを見据えて階級変更を決断したという。

 これまで吉田と伊調が出場する階級では、2人との対戦を避けるため、海外勢は逃げるように階級を変えてきた。それが今や海外のライバルから格好のターゲットにされている。

 アジア大会で奥野と坂上が惨敗するようなら、絶対女王2人の復帰を願う声が上がりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る