吉田・伊調抜き…アジア大会で日本女子レスリングが窮地に

公開日: 更新日:

 アジアのライバルが虎視眈々と日本潰しを狙っている。

 栄和人前強化本部長によるパワハラ騒動で日本のレスリング界が揺れる間に、各国とも着実に強化を図っているのだ。

 もともと女子レスリングが盛んな中国、北朝鮮、インドなどは今大会、メダル取りの可能性のある階級に有力選手を配分した。

 日本はリオ五輪後、絶対女王の吉田沙保里伊調馨が休養のため不在。ここぞとばかりに、2人の階級である53キロ級、57キロ級に他の階級で実績のある選手が参戦するのだ。

 奥野春菜(19)がエントリーした53キロ級は13年のアジア選手権48キロ級女王であるパク・ヨンミン(北朝鮮)、リオ五輪48キロ級5位のジルジズ・エシモワ(カザフスタン)らが階級を上げてきた。坂上嘉津季(25)の57キロ級は16年世界選手権60キロ級(非五輪階級)覇者のペイ・シングル(中国)、世界選手権53キロ級で銅メダル2度のヨン・ミョンスク(北朝鮮)が、アジア女王の座を狙う。いずれも20年東京五輪でのメダル取りを見据えて階級変更を決断したという。

 これまで吉田と伊調が出場する階級では、2人との対戦を避けるため、海外勢は逃げるように階級を変えてきた。それが今や海外のライバルから格好のターゲットにされている。

 アジア大会で奥野と坂上が惨敗するようなら、絶対女王2人の復帰を願う声が上がりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る