ピッチに伏し号泣 息子が本当に悔やんだのは2失点目だった

公開日:

■オフサイドを取れたかもしれない

 1次リーグ3試合は息子の招待でロシアに赴いて妻・直美さん、娘の楓さんと家族3人で生観戦した力さんだが、8強入りを懸けたベルギーとの大一番は神戸市内の自宅で深夜、ひとりでテレビを凝視した。昌子の指摘するシーンについては「そういう考え方も確かにあるだろう」と理解を示しながらも、「果たして周囲とのコンセンサスが取れていたのか?」という疑問を投げかけた。

「あれは『オフサイドにできた』という理屈は分かりますけど、サッカーは意思疎通が図られなければ成り立たないスポーツ。源の考えがどこまでチームメートに伝わっていたのか、私には分かりません。ただ、DFである以上、自ら声を出してコミュニケーションを取らないといけない。そこが足りなかったと本人が考えているのなら、改善するしかない。いい教訓にして欲しいと思います」と父は指導者の立場からアドバイスする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る