• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ピッチに伏し号泣 息子が本当に悔やんだのは2失点目だった

■オフサイドを取れたかもしれない

 1次リーグ3試合は息子の招待でロシアに赴いて妻・直美さん、娘の楓さんと家族3人で生観戦した力さんだが、8強入りを懸けたベルギーとの大一番は神戸市内の自宅で深夜、ひとりでテレビを凝視した。昌子の指摘するシーンについては「そういう考え方も確かにあるだろう」と理解を示しながらも、「果たして周囲とのコンセンサスが取れていたのか?」という疑問を投げかけた。

「あれは『オフサイドにできた』という理屈は分かりますけど、サッカーは意思疎通が図られなければ成り立たないスポーツ。源の考えがどこまでチームメートに伝わっていたのか、私には分かりません。ただ、DFである以上、自ら声を出してコミュニケーションを取らないといけない。そこが足りなかったと本人が考えているのなら、改善するしかない。いい教訓にして欲しいと思います」と父は指導者の立場からアドバイスする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る