ピッチに伏し号泣 息子が本当に悔やんだのは2失点目だった

公開日:

■オフサイドを取れたかもしれない

 1次リーグ3試合は息子の招待でロシアに赴いて妻・直美さん、娘の楓さんと家族3人で生観戦した力さんだが、8強入りを懸けたベルギーとの大一番は神戸市内の自宅で深夜、ひとりでテレビを凝視した。昌子の指摘するシーンについては「そういう考え方も確かにあるだろう」と理解を示しながらも、「果たして周囲とのコンセンサスが取れていたのか?」という疑問を投げかけた。

「あれは『オフサイドにできた』という理屈は分かりますけど、サッカーは意思疎通が図られなければ成り立たないスポーツ。源の考えがどこまでチームメートに伝わっていたのか、私には分かりません。ただ、DFである以上、自ら声を出してコミュニケーションを取らないといけない。そこが足りなかったと本人が考えているのなら、改善するしかない。いい教訓にして欲しいと思います」と父は指導者の立場からアドバイスする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る