柔道73kg級で金 大野将平は“絶口調”で五輪連覇へ視界良好

公開日:

 井上康生監督は「王者が帰ってきてくれた」と喜んだ。

 アジア大会の男子柔道73キロ級を制した、リオ五輪金メダリスト大野将平(26)のことだ。

 決勝の相手は2大会連続世界選手権3位の安昌林(韓国)。消耗戦となった延長7分すぎに内股で技ありを奪い、11分9秒に及ぶ試合を制した。

「もう10分でも20分でも戦ってやろうと。あれだけ粘り強く戦えたのは大きな収穫。ここで引いてしまえば東京五輪への道が閉ざされてしまうという気持ちだった」とは試合後の本人だ。

 リオ後、本格的な練習を1年半近く休んで、天理大の大学院へ。得意の大外刈りをテーマに論文を書き、修士課程を取得した。心身ともにリフレッシュし、今年に入って稽古を再開。4月の全日本選手権は準決勝で敗れて世界選手権代表の座を逃したが、今回のアジア大会で結果を出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る