柔道73kg級で金 大野将平は“絶口調”で五輪連覇へ視界良好

公開日: 更新日:

 井上康生監督は「王者が帰ってきてくれた」と喜んだ。

 アジア大会の男子柔道73キロ級を制した、リオ五輪金メダリスト大野将平(26)のことだ。

 決勝の相手は2大会連続世界選手権3位の安昌林(韓国)。消耗戦となった延長7分すぎに内股で技ありを奪い、11分9秒に及ぶ試合を制した。

「もう10分でも20分でも戦ってやろうと。あれだけ粘り強く戦えたのは大きな収穫。ここで引いてしまえば東京五輪への道が閉ざされてしまうという気持ちだった」とは試合後の本人だ。

 リオ後、本格的な練習を1年半近く休んで、天理大の大学院へ。得意の大外刈りをテーマに論文を書き、修士課程を取得した。心身ともにリフレッシュし、今年に入って稽古を再開。4月の全日本選手権は準決勝で敗れて世界選手権代表の座を逃したが、今回のアジア大会で結果を出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る