• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

柔道73kg級で金 大野将平は“絶口調”で五輪連覇へ視界良好

 井上康生監督は「王者が帰ってきてくれた」と喜んだ。

 アジア大会の男子柔道73キロ級を制した、リオ五輪金メダリスト大野将平(26)のことだ。

 決勝の相手は2大会連続世界選手権3位の安昌林(韓国)。消耗戦となった延長7分すぎに内股で技ありを奪い、11分9秒に及ぶ試合を制した。

「もう10分でも20分でも戦ってやろうと。あれだけ粘り強く戦えたのは大きな収穫。ここで引いてしまえば東京五輪への道が閉ざされてしまうという気持ちだった」とは試合後の本人だ。

 リオ後、本格的な練習を1年半近く休んで、天理大の大学院へ。得意の大外刈りをテーマに論文を書き、修士課程を取得した。心身ともにリフレッシュし、今年に入って稽古を再開。4月の全日本選手権は準決勝で敗れて世界選手権代表の座を逃したが、今回のアジア大会で結果を出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る