デュエットに続きASチームで銀も…日本と中国に“5cmの壁”

公開日: 更新日:

 またもライバルの壁に阻まれた。

 29日のアーティスティックスイミング(AS=旧シンクロナイズドスイミング)は、合計182.8690点(TR90.9357点、FR91.9333点)の2位。186.9395点で優勝した中国に4連覇を許した。

 リオ五輪後、日本、中国とも若手を抜擢するなど、チームのメンバーを一新。井村雅代日本代表ヘッドコーチが強豪に育て上げた中国との差は埋まるどころか、ますます広がるばかりだ。

 日本と中国では、容姿や演技の質以上に歴然とした差が、そのまま結果に表れている。

 中国のメンバーは身長170センチ台の選手が揃い、平均身長は170.6センチ。一方の日本は福村寿華(22)の171センチが最長身。160センチ台の選手が中心で、平均身長は165.8センチと中国に比べて5センチも下回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

もっと見る