デュエットに続きASチームで銀も…日本と中国に“5cmの壁”

公開日:

 またもライバルの壁に阻まれた。

 29日のアーティスティックスイミング(AS=旧シンクロナイズドスイミング)は、合計182.8690点(TR90.9357点、FR91.9333点)の2位。186.9395点で優勝した中国に4連覇を許した。

 リオ五輪後、日本、中国とも若手を抜擢するなど、チームのメンバーを一新。井村雅代日本代表ヘッドコーチが強豪に育て上げた中国との差は埋まるどころか、ますます広がるばかりだ。

 日本と中国では、容姿や演技の質以上に歴然とした差が、そのまま結果に表れている。

 中国のメンバーは身長170センチ台の選手が揃い、平均身長は170.6センチ。一方の日本は福村寿華(22)の171センチが最長身。160センチ台の選手が中心で、平均身長は165.8センチと中国に比べて5センチも下回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る