なでしこ アジア杯2連覇で来年フランスW杯へ復活のノロシ

公開日: 更新日:

 なでしこジャパン(世界ランク11位)が、アジア杯決勝(ヨルダン=日本時間21日午前2時開始)で格上のオーストラリア(同6位)相手に1―0で逃げ切り、大会2連覇を達成した。

 序盤からオーストラリアが猛攻を仕掛け、なでしこは前半14分にPKを献上のピンチ。しかしGK山下がビッグセーブ、難を逃れた。後半39分、途中出場のFW横山が大仕事だ。右サイドからのパスを受け、ゴール正面から右サイドネットを狙ってズドン! これが値千金の決勝点となり、アジア女王のタイトルが、すでに決めていた19年女子フランスW杯出場に花を添えた。

「前線から粘り強く守り、少ない好機をモノにする。ムリにパスを回さず、ボールポゼッションにこだわらない。現実的な戦いがアジア杯連覇につながった」とは元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏。続けて「チームをレベルアップさせた高倉監督の手腕を称えたい」。

 来年のフランスW杯、期待してよさそうである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る