迷うのは吉田輝星のみ U18代表エリート球児たちの進路判明

公開日:

「かばうわけではないですが、疲れが出ていたと思う。甲子園で決勝まで行くチームはちょうど今ごろ、疲れが出てくるのです」

 U18日本代表の吉田輝星(金足農)についてこう言ったのは、テレビ解説をしていた元横浜高校監督の渡辺元智氏だ。

 7日の台湾戦。5日の韓国戦に続いて中1日で四回から2番手で登板した吉田の投球には、たしかに疲労の色が出ていた。この回、3安打を集中されて2失点。その後は4回を無失点で切り抜けたが、躍動感があった甲子園の投球とは打って変わり、ボールの勢いは落ちていた。

 そんな吉田は今後、すでに内定している八戸学院大へ進学するか、はたまたプロ入りするかを最終決定するわけだが、2年生の奥川恭伸(星稜)を除く17人の代表メンバーの進路はおおむね内定しているという。

 プロ入りを目指すのは、ドラフト1位候補の根尾昂、藤原恭大(ともに大阪桐蔭)と小園海斗(報徳学園)の3人。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る