大坂なおみ全米制覇で 黒人ハーフのジュニア育成急加速?

公開日:

 大坂なおみも黒人のDNAを受け継いでいるが、特に黒人が強い五輪種目といえば、陸上の中・短距離やハードルにマラソン。日本選手はメダルの可能性がゼロといっても過言ではない競技だ。

 運動生理学の面でも、瞬発系競技は先天的に黒人選手の方が有利であり、マラソン王国のケニアやエチオピアは標高が高く、空気が薄いため、必然的に肺活量が上がる。

 マラソンは川内優輝が優勝した今年のボストンのように、強い向かい風と冷たい雨、そして気温2度という悪条件がスピードで劣る日本選手に有利に働くことはある。しかし、五輪や世界陸上の100メートルや200メートル走でトップになることは考えられない。

「だから黒人とのハーフが注目されているわけですが……」と、ジュニア選手の育成に関わる関係者がこういう。


「現在、多くの自治体が日本スポーツ振興センター(JSC)と提携し、将来のトップアスリートとして活躍が期待される競技者の発掘・育成が行われている。中には『黒人とのハーフを育成した方が五輪のメダルの可能性は高い』と、早くもハーフの子供たちに目をつけているところもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る