錦織圭&大坂なおみ 全米オープンで“アベック4強”の快挙

公開日: 更新日:

 日本勢の勢いが止まらない。

 テニスの全米オープン(ニューヨーク)は5日(日本時間6日)、男女シングルス準々決勝を行い、男子第21シードの錦織圭(28)、女子第20シードの大坂なおみ(20)が揃って準決勝進出。日本の男女が史上初めて4大大会で同時に4強入りを果たした。

 錦織は第7シードでジュニア時代からのライバルであるマリン・チリッチ(29=クロアチア)にフルセットの末に逆転勝ち。最後は粘る相手を振り切って4時間8分のゲームを制して、2年ぶり3度目の4強入りである。

 大坂は世界ランキング36位のレシア・ツレンコ(29=ウクライナ)をストレートで下し、こちらは4大大会で初のベスト4入り。わずか57分で退け、日本勢で初めて4強に駒を進めた。

 錦織は準決勝で、目下13連敗中のノバク・ジョコビッチ(31=セルビア)と対戦。大坂はマディソン・キーズ(23=米国)と当たる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る