錦織圭&大坂なおみ 全米オープンで“アベック4強”の快挙

公開日: 更新日:

 日本勢の勢いが止まらない。

 テニスの全米オープン(ニューヨーク)は5日(日本時間6日)、男女シングルス準々決勝を行い、男子第21シードの錦織圭(28)、女子第20シードの大坂なおみ(20)が揃って準決勝進出。日本の男女が史上初めて4大大会で同時に4強入りを果たした。

 錦織は第7シードでジュニア時代からのライバルであるマリン・チリッチ(29=クロアチア)にフルセットの末に逆転勝ち。最後は粘る相手を振り切って4時間8分のゲームを制して、2年ぶり3度目の4強入りである。

 大坂は世界ランキング36位のレシア・ツレンコ(29=ウクライナ)をストレートで下し、こちらは4大大会で初のベスト4入り。わずか57分で退け、日本勢で初めて4強に駒を進めた。

 錦織は準決勝で、目下13連敗中のノバク・ジョコビッチ(31=セルビア)と対戦。大坂はマディソン・キーズ(23=米国)と当たる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る