キプチョゲ驚異のマラソン世界新 酷暑東京は日本に有利か

公開日: 更新日:

 2時間切りも見えてきた。

 16日のベルリン・マラソンで、男子はリオ五輪金メダルのエリウド・キプチョゲ(33=ケニア)が2時間1分39秒の世界新記録で2連覇を達成。従来の世界記録(2時間2分57秒)を1分以上短縮した。

 キプチョゲが刻んだ5キロごとのラップはほとんど14分20秒台。前半は1時間1分6秒、後半は1時間0分33秒で記録を大幅に更新した。

 陸上ジャーナリストの菅原勲氏が言う。

「彼は昨年、イタリアのF1サーキットで行われた2時間切りのイベントで2時間0分25秒(非公認)を出した。高速コースのベルリンなら2時間1分台はいけるかも、と思っていました。今大会には日本人選手も複数出ており、日本記録(2時間6分11秒)を破るかと注目していましたが、最高は4位の中村匠吾が2時間8分16秒。力不足でした。キプチョゲに話を戻せば、5年前からマラソンを走り、11戦10勝(9連勝中)。金メダルを取った2016年のリオ五輪(2時間8分44秒)以外は、いずれも2時間3分から5分台。怪物ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

もっと見る