DeNAは駅伝撤退も…瀬古監督の決断が“空砲”に終わる根拠

公開日:

「隗より始めよ」ということだろう。

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(62)が総監督を務める実業団チームのDeNAは1日、11月の東日本実業団対抗駅伝への欠場を決めた。今後は駅伝大会へは一切出場せず、トラック競技とマラソンに集中し、世界選手権などの国際大会などでの活躍を目指すという。

 瀬古氏のこれまでの発言からすれば当然の「決断」といえる。

 日本選手が五輪でメダルを取ったのは、女子は2004年アテネ金の野口みずき、男子は1992年バルセロナの森下広一の銀が最後。以後、アフリカ勢の急速な台頭もあり、日本勢は世界レベルから大きく遅れた。

 瀬古氏は2年後の東京五輪のマラソンでメダルを取るため、選手強化のリーダーに就任したものの、国内マラソンの低迷に大きな危機感を持っている。その主な原因は、「マラソンを本気でやろうとする選手が少なくなっている。私が現役の頃はマラソンが本業。駅伝は副業だった。今はそれが逆になっている」と語り、いつも嘆いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る