WTA最終戦3戦全敗でも…大坂なおみが手にする“札束の山”

公開日: 更新日:

 番狂わせは起きなかった。

 大坂なおみ(21=世界ランク4位)が1次リーグA組第2戦で、世界ランク2位のケルバー(30・ドイツ)に4―6、7―5、4―6のフルセットで負けた。

 ケルバーは今年のウィンブルドンの他に、2016年の全豪、全米を制した元世界ランク1位。粘りが持ち味のサウスポーは今大会は5度目の出場。そんな相手に大坂はミスを連発。ラケットでコートやつま先を叩くなど、初戦と同じくイラつくシーンが目立った。

 全米オープン優勝は、課題であるメンタルの強化が勝因といわれたが、2週前の中国オープン準々決勝でも勝ちはしたものの、第1セットで劣勢になると思わずタオルをかぶって泣きだしたこともあった。まだまだメンタルをコントロールするまでには至っていない。

 これで大坂は1次リーグ2戦2敗。今のところ勝ち星はない。それでも今大会は年間上位8人しか出場できないWTAファイナルゲームだ。出場するだけで大きな「ご褒美」がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る