WTA最終戦3戦全敗でも…大坂なおみが手にする“札束の山”

公開日: 更新日:

 番狂わせは起きなかった。

 大坂なおみ(21=世界ランク4位)が1次リーグA組第2戦で、世界ランク2位のケルバー(30・ドイツ)に4―6、7―5、4―6のフルセットで負けた。

 ケルバーは今年のウィンブルドンの他に、2016年の全豪、全米を制した元世界ランク1位。粘りが持ち味のサウスポーは今大会は5度目の出場。そんな相手に大坂はミスを連発。ラケットでコートやつま先を叩くなど、初戦と同じくイラつくシーンが目立った。

 全米オープン優勝は、課題であるメンタルの強化が勝因といわれたが、2週前の中国オープン準々決勝でも勝ちはしたものの、第1セットで劣勢になると思わずタオルをかぶって泣きだしたこともあった。まだまだメンタルをコントロールするまでには至っていない。

 これで大坂は1次リーグ2戦2敗。今のところ勝ち星はない。それでも今大会は年間上位8人しか出場できないWTAファイナルゲームだ。出場するだけで大きな「ご褒美」がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る