ファイナル棄権で3連敗…大坂なおみが背負う“2倍の重圧”

公開日: 更新日:

「一番つらいのは大坂本人でしょう」

 こう語るのは、テニスジャーナリストの塚越亘氏だ。

 大坂なおみ(21=世界ランク4位)は1次リーグA組最終戦で、同9位のベルテンス(26=オランダ)と対戦。2敗の大坂が準決勝に進むには、この試合に勝つことが絶対条件だった。が、第1セットを3―6で落とすと体調不良のため泣きながら棄権を申し入れた。

 直前にはメディカルタイムアウトを取ってテーピングしている左太腿を治療。ゲームを続行したものの、2つのダブルフォールトのラブゲームで完敗。まさかの3連敗でコートを去った。

「会場のコートはバウンドが遅く、攻撃的なテニスの大坂には合っていなかった。それに大坂は、通常のトーナメントでは大会序盤は格下相手に短時間で勝利を重ねることで、調子を上げていくタイプです。いきなり世界のトップと、2戦連続で2時間超の試合は厳しかった。この試合の結果やセット取得率は、大坂本人はもちろん、準決勝進出が決まっていない選手(ケルバー、ベルテンス)にも影響があったし、ファンの注目も高かった。故障による途中棄権は仕方ないにしても、性格のいい大坂はその責任も感じているでしょう」(前出の塚越氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る