元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

今も決して変わらない…本田圭佑は「負けず嫌いの挑戦者」

公開日: 更新日:

 新天地・豪州で圧巻デビューを飾り、評価を上げている本田圭佑(メルボルン・ビクトリーFC)だが、日本代表で戦う彼の姿はもう見られそうにない。森保一監督率いる新生ジャパンのチームづくりが進めば進むほど「本田ロス」を感じるメディア関係者は少なくない。正直、筆者もそのひとりである。ただ、この男の向上心は失われていない。練習グラウンドでトレーニングに励む姿を目の当たりにしながら「オレ、必ず這い上がりますから」と目をぎらつかせていた10年前が蘇った……。

「この環境に慣れた? ぼちぼちですね」と本田は苦笑した。犬を連れて散歩する人やジョギングをする人が、だだっ広い広場を自由に行き交っている。それがメルボルンVの練習場だ。衆人環視の中、W杯3大会出場4得点の偉業を達成した男が、毎日練習するなんて、にわかに信じがたい。

 それでも彼は、練習後やクラブハウスから駐車場まで歩く間、常にフレンドリーにファンに対応する。赤ちゃんにサインしながら「もうすぐオレの凄さが分かるでしょ」と冗談交じりに笑ってもみせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る