元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

今も決して変わらない…本田圭佑は「負けず嫌いの挑戦者」

公開日: 更新日:

 新天地・豪州で圧巻デビューを飾り、評価を上げている本田圭佑(メルボルン・ビクトリーFC)だが、日本代表で戦う彼の姿はもう見られそうにない。森保一監督率いる新生ジャパンのチームづくりが進めば進むほど「本田ロス」を感じるメディア関係者は少なくない。正直、筆者もそのひとりである。ただ、この男の向上心は失われていない。練習グラウンドでトレーニングに励む姿を目の当たりにしながら「オレ、必ず這い上がりますから」と目をぎらつかせていた10年前が蘇った……。

「この環境に慣れた? ぼちぼちですね」と本田は苦笑した。犬を連れて散歩する人やジョギングをする人が、だだっ広い広場を自由に行き交っている。それがメルボルンVの練習場だ。衆人環視の中、W杯3大会出場4得点の偉業を達成した男が、毎日練習するなんて、にわかに信じがたい。

 それでも彼は、練習後やクラブハウスから駐車場まで歩く間、常にフレンドリーにファンに対応する。赤ちゃんにサインしながら「もうすぐオレの凄さが分かるでしょ」と冗談交じりに笑ってもみせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  7. 7

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  8. 8

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  9. 9

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  10. 10

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

もっと見る