元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

多くの副業をこなすことも豪州では前向きに受け止められる

公開日:

 過去に豪州Aリーグで成功した日本人選手の筆頭が、2005年にシドニーFCに移籍したカズ(三浦知良=横浜FC)と12―14年シーズンにウエスタン・シドニーでプレーした小野伸二(札幌)。この2人の代理人だったルー・スティッカ氏は「多民族国家である豪州で生き抜いていけるのは、海外の文化や習慣に適応できる人間です。ホンダはまったく問題ない。大成功するよ」と話した。メルボルン・ビクトリーFC移籍後、3試合で全4得点に絡む好パフォーマンスを見せている本田圭佑にも太鼓判を押した。

 スティッカ氏が、カズの移籍に関わったのは13年前。日本から「大型ディール(売買取引)」が舞い込んだ。

「『日本で開催されるFIFAクラブW杯(CWC)にJクラブが参加しないので、カズを(CWCに出場する)シドニーFCに送り込んで注目度を高めたい。コストはすべて日本側が負担する』という耳寄りな話でした。カズが来てからの2カ月間、毎試合2000人の日本人が訪れた。また彼の高いプロ意識や優れた人間性にチーム全体が影響を受けました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る