錦織圭が4年ぶりフェデラー撃破 試合の主導権握り決勝進出

公開日:

 男子テニスの年間成績上位8人で争われるATPツアー・ファイナル(ロンドン)が11日に開幕。シングルス1次リーグは、世界ランキング9位で第7シードの錦織圭(28)が、同3位で第2シードのロジャー・フェデラー(37=スイス)にストレート勝ち。過去9戦して2勝7敗と分が悪い相手に、14年マスターズ・マイアミ大会以来4年ぶり3度目の白星で、好スタートを切った。

 錦織は過去6度の優勝を誇る元王者に対し終始、試合の主導権を握り続けた。第1セットこそ、タイブレークまでもつれたが、最後はサービスエースを決めて先取した。

 第2セットも錦織は集中力を切らさず、いきなりブレークを許しながら第2ゲームでブレークバックに成功した。3―2で迎えた第6ゲームは、フェデラーのダブルフォルトで再び、ブレーク。その後は、リターンでミスを連発するなど精彩を欠くベテランに対し、ラリーに持ち込み、第9ゲームをキープし、1時間27分で退けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る