権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

SB柳田に評論家意見も 打者の大振りは決して“悪”ではない

公開日: 更新日:

 ソフトバンクの柳田悠岐(30)が日米野球で存在感を見せている。柳田の持ち味といえば、フォロースルーでバットが自分の背中を叩くほどのフルスイング。そんな豪快な振りで今季も打率.352で首位打者、36本塁打、102打点と圧倒的な数字を残したが、それでも「あんな大振りをしなければ、もっと確率が上がるのに」という野球評論家の意見を耳にすることが少なからずある。

 日本ではいまだ、「コンパクトなスイングでセンター返しが基本」と考える指導者が多くいる。相手投手を打ちあぐねると、試合中の円陣で「バットを短く持って逆方向に」と打撃コーチが指示をしたりする。そういう人たちからすると、フルスイングは大振りとイコールで、すなわちそれは「悪」というイメージを持つのだろう。

 投手出身の私は、全く別の考え方だ。フルスイングは確かに、脆さと背中合わせのところはある。しかし、それを補って余りあるほどの重圧を投手に与えるものだ。投手は大振りする打者に穴が見えても、同時に、甘いコースに入れば一発長打という恐怖心を抱く。コントロールミスはできないという思いが腕を縮こまらせ、痛打されたり、制球が乱れて四球を与えたりする。フルスイングは投手を狂わすのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る