開始時刻また変更…東京五輪マラソンは“会場変更”が解決策

公開日:

 これで最後なのか。

 2020年東京五輪のマラソンのスタート時刻が、現在の7時から繰り上がりそうだ。大会組織委員会は酷暑に配慮し、国際オリンピック委員会(IOC)や競技団体と調整に入る意向を示した。

 マラソンのスタート時刻は7月に午前7時30分から30分前倒しされたばかり。今回は6時開始を軸に、5時半という案も検討されるようだが、開幕まで2年を切った今になってもドタバタしているのは、会場を東京に限定しているからだ。

 東京五輪の招致段階では「コンパクト五輪」をアピールし、33競技会場のうち、28会場を選手村から半径8キロ圏内に集中させた。経費も7340億円と見積もられていたが、会計監査院の試算では東京五輪関連の支出額は20年までに3兆円まで増えるという。経費削減を理由に競技会場は建設中止や会場の変更が相次ぎ、今では「コンパクト五輪」なんて口にする人間は皆無だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る