アンカーで逆転優勝 新谷仁美の東京五輪マラソン出場は?

公開日:  更新日:

 東日本女子駅伝(福島)は、東京が2時間18分44秒で10年ぶり9回目の優勝。最終9区(10キロ)を任されたのは2012年ロンドン五輪5000メートル、1万メートル代表の新谷仁美(30)。レース前「(前との差が)1分以内ならいける」と言っていたが、1位から1分35秒差の5位から大逆転。31分8秒は渋井陽子の区間記録(31分11秒)を18年ぶりに更新した。

 13年世界陸上1万メートルで5位入賞後、右足の故障などもあり、翌年現役を引退。OLなどを経験し、今年6月、5年ぶりにレースに復帰した。トラックが「本職」の新谷だが、マラソンも07年東京(優勝)、08年北海道(2位)、09年名古屋国際(8位)と実績がある。

 今のところ東京五輪はマラソンではなく、トラックで代表を狙うようだが、今年に入り記録が飛躍的に伸びている国内の男子マラソンとは異なり、女子は世界で通用する選手が見当たらない。スピードとスタミナを兼ね備えた新谷には入賞が厳しいトラックではなく、マラソンで日の丸を背負って欲しいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る