福岡国際で日本勢14年ぶりVも…東京五輪に直結しない理由

公開日:

 4度目のレースなら伸びしろはある。

 福岡国際マラソンは、服部勇馬(25)が2時間7分27秒で初優勝。日本勢のVは2004年大会の尾方剛以来。陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「末恐ろしい選手が出てきた」と相好を崩した。

 今年に入って国内のマラソン界はやたら活気づいている。

 今大会4位の設楽悠太(26)は、2月の東京で2時間6分11秒で2位となり、16年ぶりに日本記録を更新。それに刺激されるように、4月には川内優輝(31)がボストンで優勝。8月のアジア大会(ジャカルタ)では、2時間6分54秒の記録を持つ井上大仁(25)が32年ぶりに金メダルを獲得。10月にはシカゴで大迫傑(27)が、日本記録を更新する2時間5分50秒で3位に入った。

 進歩どころか、「むしろ後退している」とさえいわれた日本のマラソン界。その時計が、これまでの遅れを取り戻すかのように急激に前へ進み出したのは事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る