武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

福岡国際マラソンで設楽vs川内 実現の裏に日本陸連の思惑

公開日:

 毎年12月の第1日曜に福岡国際マラソンが行われる。このところパッとしなかったエリートマラソンの舞台が、今年は燃えている。注目は、2月の東京で16年ぶりに日本記録(2時間6分11秒)を出した設楽悠太と、“マラソン日本”の原点であるボストンを制した川内優輝の対決だ。

 設楽は出場予定だった9月のベルリンを疲労骨折で回避、その間に日本記録は大迫傑に塗り替えられた。「ライバルは大迫だけ」と言い、今回は日本のトップの行方を占うことになるが、そこに割って入る“市民ランナーの星”川内優輝が怖い。

 公務員ランナーとしての存在感は抜群で、ボストンマラソンでよもやの優勝を果たすと「今でしょう」とばかりにプロ転向を宣言。大迫の記録(2時間5分50秒)は世界77位、設楽は96位だが、川内が勝ったボストンは世界6大マラソンで、市民の肩書の方がデカイのだ。しかも川内は福岡にこだわっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る