3年ぶり全日本Vも…伊調馨の五輪5連覇に“腰位置3cmの壁”

公開日: 更新日:

「まったく見えなかったのが、まだぼやけているけど見えてきた」――。

 23日のレスリング全日本選手権(東京・駒沢体育館)女子57キロ級決勝で中量級女王の川井梨紗子(24)を下し、3年ぶり13度目の優勝を果たした五輪4連覇の伊調馨(34)が、改めて東京五輪への出場を口にした。

 一連のパワハラ騒動による影響もあって、本格的な練習再開からわずか3カ月足らずで、女王の座を奪還。11度目となる来年の世界選手権出場への第一関門を突破したが、関係者の間からは2020年東京五輪に向けて不安視する声も上がっている。

 さる協会幹部は「まだ構える位置が高い。あれでは効果的なタックルに入るのは難しいし、ディフェンスも甘くなる。年齢的な衰えか、実戦不足なのか、伊調は防御の選手なので、現状では世界を相手にするのは厳しいかもしれません」と指摘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

もっと見る