3年ぶり全日本Vも…伊調馨の五輪5連覇に“腰位置3cmの壁”

公開日: 更新日:

「まったく見えなかったのが、まだぼやけているけど見えてきた」――。

 23日のレスリング全日本選手権(東京・駒沢体育館)女子57キロ級決勝で中量級女王の川井梨紗子(24)を下し、3年ぶり13度目の優勝を果たした五輪4連覇の伊調馨(34)が、改めて東京五輪への出場を口にした。

 一連のパワハラ騒動による影響もあって、本格的な練習再開からわずか3カ月足らずで、女王の座を奪還。11度目となる来年の世界選手権出場への第一関門を突破したが、関係者の間からは2020年東京五輪に向けて不安視する声も上がっている。

 さる協会幹部は「まだ構える位置が高い。あれでは効果的なタックルに入るのは難しいし、ディフェンスも甘くなる。年齢的な衰えか、実戦不足なのか、伊調は防御の選手なので、現状では世界を相手にするのは厳しいかもしれません」と指摘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  4. 4

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る