15年に箱根5区走る 神野大地に聞く“3代目山の神”誕生秘話

公開日: 更新日:

 19年は青学大が大会史上3校目の5連覇を狙う。初優勝は15年の91回大会。セルソースに所属する神野大地(25、当時3年)が山登りの5区で見せた圧巻の走りは記憶に新しい。当時の話を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 ――15年の山登り(5区=当時23.2キロ)の走りには驚きました。

「当初は前年と同じ2区を走る予定でした。5区は2年生の一色(恭志)を使うはずだったのですが、11月の急勾配の練習で良い記録が出たもので、原監督から『おまえが5区を走れ』と言われたのです」

 ――高低差約864メートルの5区に向けて何か準備をしましたか。

「走り方より、どんな選手が坂に向いているかは分析しました。我慢強い、きつい時にも諦めない。例えばトラックで先頭集団から離れてもズルズル下がらず、もう一回集団に戻るような選手です。5区はスタートして5キロぐらいからきつくなる。2区で例えるなら20キロ地点のきつさと同じくらいです。簡単に諦める選手は残り15キロ以上は続きません。山の神といわれた今井さん(正人=順大OB)と柏原さん(竜二=東洋大OB)、それに僕の3人は走り方は似ていない。ただし、粘り強さという面は3人とも共通していると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る