箱根駅伝4連覇の青山学院 駅伝選手や教職員への恩恵は?

公開日:

 新春の風物詩である箱根駅伝。視聴率が30%に迫る日本で最も人気の高いスポーツコンテンツのひとつだ。そのドル箱の駅伝で2015年に初優勝を飾り、現在4連覇中なのが青山学院。だが、学生たちがどんなに頑張って走っても、大会主催者から出場校に支払われる分配金は一律200万円だという。

 青学の陸上競技部の選手は現在44人。スポーツ推薦制度こそあるが、学費は一般の学生と同じで免除や減免規定はない。社会情報学部の初年度納付金は約152万円で、寮費や合宿費も含め、親の負担は相当なものだ。一方、大学スポーツをビジネス面で成功させているのが、アメリカのNCAA(全米大学体育協会)だ。NCAAが得ている収入は9億ドル(1000億円)ほどで、その87%は3月のマーチマッドネス(NCAA男子バスケットボール選手権)からのもの。それを原資として、奨学金20%、バスケットの競技成績に応じた分配金20%、遠征費10%と続き、他に学業援助、興行費用と保険、栄養補助などに使う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る