• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

箱根駅伝4連覇の青山学院 駅伝選手や教職員への恩恵は?

 新春の風物詩である箱根駅伝。視聴率が30%に迫る日本で最も人気の高いスポーツコンテンツのひとつだ。そのドル箱の駅伝で2015年に初優勝を飾り、現在4連覇中なのが青山学院。だが、学生たちがどんなに頑張って走っても、大会主催者から出場校に支払われる分配金は一律200万円だという。

 青学の陸上競技部の選手は現在44人。スポーツ推薦制度こそあるが、学費は一般の学生と同じで免除や減免規定はない。社会情報学部の初年度納付金は約152万円で、寮費や合宿費も含め、親の負担は相当なものだ。一方、大学スポーツをビジネス面で成功させているのが、アメリカのNCAA(全米大学体育協会)だ。NCAAが得ている収入は9億ドル(1000億円)ほどで、その87%は3月のマーチマッドネス(NCAA男子バスケットボール選手権)からのもの。それを原資として、奨学金20%、バスケットの競技成績に応じた分配金20%、遠征費10%と続き、他に学業援助、興行費用と保険、栄養補助などに使う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る