箱根駅伝4連覇の青山学院 駅伝選手や教職員への恩恵は?

公開日: 更新日:

 新春の風物詩である箱根駅伝。視聴率が30%に迫る日本で最も人気の高いスポーツコンテンツのひとつだ。そのドル箱の駅伝で2015年に初優勝を飾り、現在4連覇中なのが青山学院。だが、学生たちがどんなに頑張って走っても、大会主催者から出場校に支払われる分配金は一律200万円だという。

 青学の陸上競技部の選手は現在44人。スポーツ推薦制度こそあるが、学費は一般の学生と同じで免除や減免規定はない。社会情報学部の初年度納付金は約152万円で、寮費や合宿費も含め、親の負担は相当なものだ。一方、大学スポーツをビジネス面で成功させているのが、アメリカのNCAA(全米大学体育協会)だ。NCAAが得ている収入は9億ドル(1000億円)ほどで、その87%は3月のマーチマッドネス(NCAA男子バスケットボール選手権)からのもの。それを原資として、奨学金20%、バスケットの競技成績に応じた分配金20%、遠征費10%と続き、他に学業援助、興行費用と保険、栄養補助などに使う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る