高校でもVの原動力に 駅伝王国ニッポンいまだケニア人頼み

公開日: 更新日:

 今年もだった。

 23日の全国高校駅伝は、男子は倉敷(岡山)が2年ぶり2度目の優勝。女子は3年連続25度目の出場となった神村学園が鹿児島県勢では初V。その原動力となったのが、最終5区のケニア出身留学生だ。トップから31秒差の5位でタスキを受けると、一気に首位に立ってゴールした。男子で頂点に立った倉敷の3区を走った選手もケニア出身の留学生だった。昨年も女子優勝の仙台育英は2区を走ったケニア人留学生が、3年連続区間賞の走りで首位に立ち、リードを守り切った。

 90年代から助っ人を起用する学校が出てきて、近年は批判の声も少なくない。今では留学生のエントリーは2人、出場は1人に限定され、08年には「最長距離の1区(10キロ)は走れない」という留学生ルールもできた。それでも「留学生の走りに刺激を受けて日本の高校生のレベルも上がる」という声もあるのだが、NHKがテレビ中継するため、「高校野球の甲子園大会のように学校の宣伝になる」と、ケニア人留学生の受け入れに熱心な私学は増えた。

 箱根駅伝出場校は2区に留学生を起用するのは当たり前。日本人選手だけで戦ってきた実業団の名門旭化成でさえ、今年から2区にケニア人選手を起用して23回目の優勝を手にした。駅伝王国にとってケニア人助っ人は、ますます欠かせない存在になっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る