友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

菊池雄星のボラス氏も 大物代理人と球団のただならぬ関係

公開日:

 メッツが主力選手5人の代理人を務めるバン・ワジネンをGMに指名したことは、大物代理人の球団に対する影響力の大きさを再認識させる出来事だった。

 有力代理人と球団が緊密な関係にある例は他にもある。その代表例がスコット・ボラス(写真)とナショナルズの関係だ。ナ軍では、ボラスが代理人を務める5選手の年俸がチーム総額200億円の6割弱を占めている。ボラスは年俸をつり上げるため、彼が代理人を務める選手が複数所属する球団は支出が膨らむものの、見返りのサービスも手厚い。

 先月、カージナルスの剛腕クローザー・ローゼンタールがトレードでナショナルズに移籍した。これはナ軍が守護神として使える右投手を欲しがっていたため、ボラスがトレードを仕掛けて自分の顧客であるローゼンタールを動かしたと噂されている。

 ボラスはレンジャーズとも緊密な関係にある。昨年、ボラスが代理人を務める5選手の年俸総額は64億円で、球団総額の44%を占めていた。ボラスは今や巨大産業となったスポーツ代理人業界において依然「スーパー代理人」の地位を保っている。米国のマネー雑誌「フォーブス」が毎年発表する代理人番付で今年も「最もパワフルな代理人」に選出された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る